建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
立体道路制度
よみ:りったいどうろせいど
50音別:
種類別:不動産・宅建
土地の高度利用に関連する取り組みの一種。道路の区域を立体的に定め、道路施設として必要な空間以外の空間の利用を自由にすることで、道路上下に建築物の建設をできるようにして、建物と道路の一体的整備を可能にした制度である。1988年に道路法、都市計画法、都市再開発法、建築基準法の4法の一部を改正してできたもの。
関連ある用語
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※