建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
土地収用
よみ:とちしゅうよう
50音別:
種類別:不動産・宅建
土地購入に関連して行政が行う手続きの一種。公共の利益となる特定の事業(道路、河川、空港、下水道、学校、公園、ダム等)のために土地を必要とする場合、土地収用法に基づき正当な補償の下に起業者(事業の施行者、通常は公共団体)がその土地または土地に関する権利等を強制的に取得すること。通常は、起業者が土地所有者や関係者と話し合い、任意で契約を取り交して目的の土地を取得する。しかし、補償金の額等で折り合いがつかなかったり、土地の所有権について争いがあった場合など、話し合いでは土地を取得できないことがある。そのような場合に、起業者が土地収用法の手続をとって、土地所有者や関係者に適正な補償をしたうえで土地を取得(収用)する。
関連ある用語
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※