建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
特定工作物
よみ:とくていこうさくぶつ
50音別:
種類別:不動産・宅建
都市計画法における開発許可の対象となる、コンクリートプラント、ゴルフコース、テニスコート、墓園などのこと。都市計画法では、建築物や工作物をつくる目的で宅地造成などを行なう場合には、開発許可を受ける必要があると定めている。特定工作物は、この開発許可の対象となる工作物のことであり、2種類に区分される。1)第1種特定工作物:周辺の地域の環境の悪化をもたらすおそれがある工作物であって、都市計画法施行令第1条第1項に規定されたもののこと。具体的には、コンクリートプラント、クラッシャープラント、危険物の貯蔵または処理に供する工作物。2)第2種特定工作物:大規模な工作物であって、都市計画法施行令第1条第2項に規定されたもののこと。具体的には、ゴルフコース(面積関係なし)、1ha以上の野球場、庭球場、陸上競技場、遊園地、動物園その他の運動・レジャー施設、1ha以上の墓園。
関連ある用語
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※