建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
スライディングフォーム工法
よみ:すらいでぃんぐふぉーむこうほう
50音別:
種類別:建築現場
打ち継ぎ目なしのコンクリート壁面をつくるのに用いる、上方滑動可能な型枠工法のこと。サイロ・給水塔・煙突など、水平断面が同じで床のない建物に適している。高さ1.2m前後の内外両面型枠の全体を徐々に引き上げながら、コンクリートを連続的に打設。「スリップフォーム工法」ともいう。
関連ある用語
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※