建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
寺子屋
よみ:てらこや
50音別:
種類別:文化財
江戸時代の庶民の教育施設。僧侶・武士・神官・医者などが師となり、読み・書き・そろばんを教えた。教科書は「庭訓往来」「童子教」など。明治以後、義務教育の普及によって消滅。
関連ある用語
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※