建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
師楽式土器
よみ:しらくしきどき
50音別:
種類別:文化財
主に瀬戸内海の沿岸部を中心に分布する土器。鉢形の薄手粗製土器で、弥生時代から平安時代にかけての製塩用の海水を煮つめる用具。岡山県南東部、牛窓町師楽にちなむ命名。
関連ある用語
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※