建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
阿弥陀堂建築
よみ:あみだどうけんちく
50音別:
種類別:文化財
平安・鎌倉時代に貴族が阿弥陀仏を本尊として安置した堂の建築手法。極楽宮殿型、九体堂型、正方形またはこれに近い矩形の型池に面し善美を尽くした仏堂で、内部は特に絵画・彫刻・工芸の粋を集めて荘厳された。
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※