建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
不等角投影法
よみ:ふとうかくとうえいほう
50音別:
種類別:空間デザイン
それぞれ異なった角度で対処物の一面を基線に対して投影してこれらを対象物の奥行、高さの方向、間口ととらえて表現する手法のこと。「トリメトリック」ともいう。
関連ある用語
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※