建築 通信教育 ホームページへ
お問合せ
サイトマップ
建築用語
等角投影法
よみ:とうかくとうえいほう
50音別:
種類別:空間デザイン
1つの図で対象の3面を同じ程度に表すことの出来る手法である。対象物の一面を基線に対してそれぞれ30度傾けて表すもので、寸法の比率は、a:b:c:=1:1:1となり、一般説明図面に使用される。「アイソメトリック」ともいう。
関連ある用語
建築 サイト内検索
建築用語
サイトカテゴリ サイト登録
お知らせ
このページのTOPへHOME
HOME免責事項リンクについて広告掲載についてお問合せ会社概要サイトマップ利用規約
Copyright © 2007 建築 All Rights Reserved. by info@kentikulink.net ※当サイトはリンクフリーです※